消防マーク   白山野々市広域消防本部
   Hakusan Nonoichi area Fire Department 
〒924-0815
石川県白山市三浦町255番地1
TEL 076-276-1119 / FAX 076-276-5237
ホーム 組織・施設 試験・講習 安全安心 イベント情報 申請様式 統計データ リンク集 ご意見・ご要望
 
安心安全
安全安心
 
 このページでは、いざという時に役立つ知識や情報をまとめました。
 
▽乳児に対する心肺蘇生の手順
 
1 反応を確認する

 声をかけながら反応があるかないかを確かめます。このとき、足の裏を刺激することも有効です。
2 助けを呼ぶ 

反応がなければ、大きな声で助けを求めます。
●協力者が来たら、「あなたは119番へ通報してください」、「あなたはAEDを持ってきてください」
と具体的に依頼します。
●救助者が一人の場合や、協力者が誰もいない場合には、次の手順に移る前に、まず自分で119番通報と
AEDの手配をします。

3 呼吸の確認

 胸や腹部の上がり下がりを見て、普段どおりの呼吸をしているか判断します。
4 胸骨圧迫(心臓マッサージ)

圧迫の位置は、両乳頭を結ぶ線の少し足側を目安とした
胸の真ん中です。
●胸骨圧迫は指2本で行います。
1分間に少なくとも100回の速いテンポで30回連続
して絶え間なく圧迫します。
●圧迫の強さは、
胸の厚さの約1/3を目安として、十分
に沈む程度に、
強く、早く、絶え間なく圧迫します。乳児
だからといって、こわごわと弱く圧迫しては効果が得られま
せん。

   
   
5 人工呼吸(口対口人工呼吸)

 準備ができしだい人工呼吸を開始します。基本的は、まず胸骨圧迫を開始した後、気道確保を実施して人
工呼吸を2回行いますが、胸骨圧迫よりも早く人工呼吸を行えるのであれば、人工呼吸から心肺蘇生を行っ
てもかまいません。
●乳児の大きさでは、口対口人工呼吸を実施することが難しい場合があります。この場合は、傷病者の口と
鼻を同時に自分の口で覆う口対口鼻人工呼吸を行います。

 
 
6 心肺蘇生(胸骨圧迫と人工呼吸)継続

 胸骨圧迫を30回連続して行った後に、人工呼吸を2回行う組み合わせを絶え間なく続けます。

7 AED使用
 乳児にも、AEDを使用できます。
●AEDに小児用電極パッド(小児用モード)が備わっている場合にはそれを用います(切り替えます)。
もし、小児用電極パッド(小児用モード)が備わっていない場合には、成人用電極パッドを使用します。
●電極パッドを貼る位置は、電極パッドに表示されている絵に従います。


 
 
8 気道異物除去法 
●気道異物による窒息と判断した場合は、ただちに119番通報を誰かに依頼し、異物除去を行ってくださ
い。
●反応がある場合には、乳児に対して背部叩打法を実施します。
 背部叩打法は、まず救助者の片腕の上に乳児をうつ伏せに乗せ、手のひらで乳児の顔を支えながら、頭部
が低くなるような姿勢にします。もう一方の手の付け根で、背中の真ん中を異物が取れるか反応がなくなる
まで強くたたきます。
 
 
 
 詳しく知りたい、技術を習得したい方は
 e−ラーニング
※調整中
  応急手当講習のご案内  
 
アイコン  警防

 消火器の使い方
 119番のかけ方
 聴覚視聴覚障害者等の119番通報
(PDFファイル)
 消防車の救急出動(PA連携出動) 

 
予防

 住宅用火災警報器Q&A等
 住宅用火災警報器の奏功事例
  (住宅用火災警報器の設置により初期消火の成功や死者
  発生を防いだ実例)
 製品事故情報
 ホテル、旅館等に係る表示制度について

 国民保護

 弾道ミサイル落下時の行動
 救急

 心肺蘇生法
 AEDの使い方
 救急車利用マニュアル
(PDFファイル)

アイコン 熱中症関係(外部リンク)

矢印 
厚生労働省熱中症関連情報
矢印 
石川県熱中症予防情報

 キッズ消防

 ペーパークラフト
   
 Adobe Readerをお持ちでない方は、アイコンをクリックしてダウンロードしてください。(無料)

アドビリーダーアイコン
ホームご意見・ご要望サイトマップこのサイトについて
Copyright (C) 2010 Hakusan Nonoichi area Fire Department All Rights Reserved.